最近、おヒューマン時刻に紅茶を飲んでいる。今まではインスタントコーヒーを飲んでいました。ですが、至って考えると、コーヒー1杯につきスプーン2杯入れてるんですよね。減量によって、ひたむきティーを飲み込むみたいなりました。紅茶を飲み始めてから、「分類を通じて風味って違うのかな?」というヒアリングがわいてきました。違いがあっても、わたしに知るのかな?というのも、ヒアリングに思いました。だったら、試してみようので、各種紅茶の茶葉を買ってみました。ダージン、ウバ。有名なものを、一層2種類買って、呑み比べてみました。それではダージリン。ダージリンは素地三大紅茶の1つで、キャラクターが少なくて全然呑み易い紅茶だ。あとは、水色(紅茶の色つや)がきれいですね。紅茶を飲み慣れていない人物は、ダージリンから呑み作るのがおすすめだと思います。ウバは、まだまだキャラクターがありました。ダージリンと比べると渋みが強かっただ。ウバは乳ティーにすると美味い茶葉と言われています。乳をいれるという、渋みが緩和されて呑み易くなりますね。盛り上がりや一緒に採り入れるスナックを通じて、ダージリンというウバを呑みわけると嬉しいかなって思いました。詳しくはこちら